">" 車の下取りの査定に満足できますか?

下取り以外の方法にも目を向けてみよう

車の下取り査定

「下取り」とは、ディーラーに今の車を売って新車の購入代金に充てることを言いますが、
このサイトでは下取りより高額で車を売却できる方法についてご紹介します。

まずは実例です。

トヨタヴィッツ 5ドア(走行距離44,000Km)の例です。

●トヨタ系ディーラーの下取り査定額 → A店 17万円  B店 13万円

買取専門店の買い取り査定額    → G店 32万円  H店 31万円

このケースでは買取専門店が下取り査定より15万円も高い査定額をつけています。

下取り以外にも目を向ければこのように高額で車を売却できる方法があるのです。


買取専門店というのは、業者オークションに出すことを前提に中古車を専門に買い取る業者です。

オークションの相場を背景に下取りよりも高額で車を買い取ってもらえるということから、全国で顧客を増やしています。

「買い替え→下取り」という従来パターンはもう過去のものになりつつあります。

■買取専門店ならどこでも高く売れるのか?

買取専門店にできるだけ高額で買い取ってもらうには、忘れてはならないポイントが1つあります。

それは、1店だけでなく複数の買取専門店に査定をしてもらい、査定額を競争させることです。

自分でいくつかの買取店に査定を依頼することもできますが、
便利なことに、たった一度の申込み入力で複数の買取専門店に査定を依頼できる一括査定という無料サービスがあります。

■一括査定で下取りより高く売却

一括査定申込みの入力はとても簡単です。入力フォームが簡略化されているものなら1分もかかりません。

申込みが終わるとあなたの車を買取したい複数の買取店から無料訪問査定の連絡が入ります。

つまり、一括査定なら自宅に居たままで複数の買取専門店に査定額を競争させることができるのです。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


車一括査定のサービスはかんたん車査定ガイドのほかにもたくさんあります。
利用者が多く特におススメのものを紹介してみましょう。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


ディーラー下取りと買取専門店の買取の違い

車下取りの査定

ディーラーによる下取りと買取専門店による買取との違いを列挙してみましょう。

①基本価格設定の違い

【ディーラー下取り】
ディーラーが用意した下取り基本価格表を基にして車両の状態に応じた減額を行い下取り価格を算出する。
基本価格表は更新があるものの、業者オークション相場に連動するものではない。

【買取専門店】
買取価格は中古車の業者オークション相場を基にその時点で買取れる最高値を基本とし、装備や程度などの状態により増減を行い算出する。
大手の場合全国の相場情報を常に収集して基本価格が決められるため、より高い価格を提示できる場合が多い。

②装備品の評価の違い

【ディーラー下取り】
純正品でなければ買い取りに比べプラス査定になりにくい。オプションも、メーカー純正品以外は評価されにくい。

【買取専門店】
社外品でもダイレクトな評価がなされ、人気装備などに高値がつくことがある。

③再販売コストの違い

【ディーラー下取り】
業者オークションでの販売に比べ展示場の販売では時間がかかり、駐車スペースの管理費、相場下落などの影響を受け、余分な流通コストが発生する。その分のコストが査定額を押し下げる。

【買取専門店】
買い取った車はすぐ業者オークションにかけられるので在庫を長期の在庫を持つことがない。

④店舗間の競争

【ディーラー下取り】
他の買取店で高い査定額がついたとしても、下取り額をそれに合わせてくれることは期待できない。

【買取専門店】
一括査定などで複数の買取価格を比較でき、一番高い値段をつけてくれたところへ売却することができる。


これらの違いをみるだけで買取専門店の方が下取りより好条件で売却できることがわかりますが、もう1つ決定的な違いがあります。

それは、新車の専門店であるディーラーと中古車の専門店である買取専門店とは中古車を取り扱う絶対量が全然違うということです。

取扱量が大きければスケールメリットを生かした薄利多売が可能になります。

「薄利」が可能だということは高額買取ができるということです。

そもそもこの業態の違い、ビジネスモデルの違いだけで、ディーラー下取りは買取専門店に敵わないということになります。

一括査定は高額売却の必須ツール

■オンライン査定で車の査定が一変

一頃までは車の売却といえば下取りに出す以外に方法がなかったわけですが、今ではオンライン査定が普及し簡単に車の査定を受けることができるようになりました。

車の買換え資金に今の車の売却資金を充てる場合でも、かつてのように下取りに頼らなくてもタイミングよく無料で査定を受け、売却することが可能になりました。

しかも、複数社の査定額を一括して比較できる「一括査定」の普及で、自宅に居たまま複数の買取専門店に査定額を競争させ最高額で売却できるようになりました。

■一括査定を利用しないと後悔する

かつては、自分で買取専門店を探し何か所にも車を持ち込んで査定してもらい、一番高い所に売るというのが一般的な方法でしたが、今では車を買取店に持ち込む必要すらなくなりました。

一括査定を申し込むとその日のうちに買取店のほうから「訪問査定をさせて欲しい」と電話が入ります。

全国展開の大手だけでも全部名前を挙げれないほど買取専門店の数が増加し、地域の有力店や外車・ディーゼル車、4WD車などの買取専門店もふくめて、自動車の買取はまさに買取専門店の競争になっています。

■自分の目的に合った一括査定を選んで利用

便利な一括査定の無料サービスも、大変数が多くなりました。

一括査定サービス同士も利用者獲得の競争をするようになっています。

一括査定サービスの各運営主体も様々なカラーを出して特色をアピールしています。

入力時間などの使いやすさ、参加業者の顔ぶれや数、利用実績、サービス運営主体などを見ながら、一括査定そのものを選ぶ時代になっています。

車を売る場合は誰でもできるだけ高い価格で売りたいと思うものです。

しかし、交渉ごとが苦手だったり買取店を何軒も廻ったりする時間が取れない場合は、 高額売却を目指したくてもそう簡単ではないと感じられるかも知れません。

自動車の高額売却のポイントはたった二つだけです。

・乗り換えの場合であってもディーラーの下取りには出さないこと

・できるだけ多くの買取専門店に査定額を競わせること

つまり、もともと高額買取のパワーを持つ買取専門店に売却先を決め、その買取専門店を更に競わせるということです。

●なぜ「下取り」を避けるべきなのか

中古車の取扱量が買取専門店より圧倒的に少ないディーラーは、スケールメリットにおいて最初から車買取専門店に太刀打ちするのは難しいからです。

大量の中古車売買を背景に薄利多売で高額買取が可能な買取専門店は、下取車再販までのコストが高いディーラーより高い価格で買取をすることができます。

このような事情を知らずに下取りに出せば、ほぼ確実に損をすることになると言っていいでしょう。

●一括査定なら自宅で買取店を競わせることができる

査定額を競わせるために自分で買取店巡りをしようというのではありません。

一括査定(無料)を利用すれば、買取店の方から訪問査定をし競争で買取額の提示をしてくれます。

買取専門店が全国的に増え、それら買取店が参加する一括査定のサービスも普及し、自動車の売却にとって簡単に高額売却を目指すことのできる選択肢ができました。

自宅に居たまま複数の一流買取店の訪問査定を受け、電話で買取額を競わせることのできる一括査定は、自動車の高額売却のために欠かせないものになりました。



<耳寄りな話>
軽自動車を高く売るコツは無料一括査定で各社の査定額を比べることです。
中古車人気の高い軽自動車は各社の買取り競争になることでしょう。


軽自動車 任意保険節約

このページの先頭へ